スポンサーリンク

【一言で半額に!?】部屋探しの仲介手数料がどこまで含まれるのか解説

スポンサーリンク
本当は教えたくない●●
この記事を書いた人
tobiuo

29歳現役不動産営業マン「とびうお」と申します。
【知識武装で身を守る情報発信サイト】を運営しております。
不動産は高額な買い物だけに何百万円も損することが多々あります。
逆に言えば、知っているだけで簡単にお得にマイホーム購入ができます。
知識は重荷にならない唯一の財産。
皆様のマイホーム購入に少しでも役立てれば嬉しいです。

tobiuoをフォローする

こんにちは、とびうお(@tobiuo89098360)です。

今日は知られるとマズい業界の裏話をします。

賃貸の仲介手数料の話です。

なぜ知られるとマズいのか?

何の分野でも“原則”“例外”ってありますよね。

ヤバい理由は、その“例外”が原則っぽくなっているからです。

知識がないと多くのお金を払ってしまうことになりますよ。

自分の財産を自分で守っていけるように知識を身につけましょう。

この記事はこんな方の役に立ちます
  • これから部屋探しをする方
  • 賃貸初期費用が高額すぎないか疑問を持っている方
  • どうやって計算されたのかしっかりと理解しておきたい方

仲介手数料って何?

そもそも、お部屋を借りるときの仲介手数料って何か。

「お部屋を契約するとき、不動産屋に払う手数料」のこと。

不動産会社の立場からすると、最大の収入源です。

成果報酬となるため、何十軒ご案内しても契約に至らなければ収入はゼロ。

いくら払うの?(業界の裏話)

仲介手数料は、宅地建物取引業法という法律のもと上限が決められています。

【原則】

居住用物件(住むための部屋)の場合、家賃の1ヶ月分(+消費税)が報酬のMAX。

大家さんが0.5ヶ月分、あなた(借主)が0.5ヶ月分が原則となる。

【例外】

もし、借主(貸主)から承諾をもらえたら借主(貸主)から家賃の1ヶ月分をもらってもOK。

承諾がもらえないなら家賃の0.5ヶ月分がMAX。

イメージ図(パターンAが原則・パターンBが例外)

キーポイントは、あなたが【仲介手数料1ヶ月分払うか承諾するか】ということ。

承諾がないと1ヶ月分は請求できない。

つまり、あなたが「わかった!家賃の1ヶ月分払います!」と言わない限り(もしくは署名しない限り)仲介手数料は家賃の0.5ヶ月分となる。

【シミュレーション】

家賃 60,000円・共益費 5,000円・駐車場 5,500円のアパートを契約。

原則の仲介手数料)(60,000円+5,500円)÷2×1.1(消費税)=36,025円

例外の仲介手数料)60,000円+5,500円×1.1(消費税)=72,050円

ここからが業界の裏話。

知ってか知らずか営業マンも堂々と1ヶ月分を請求している。

私も新人時代、「賃貸の仲介手数料は家賃の1ヶ月分だ」と上司から教わった。

2019年、不動産業界を騒然とさせた裁判結果がニュースとなった。

東急リバブルが仲介手数料1ヶ月分支払いの承諾を事前に取っていなかったとして裁判で敗訴した。

賃貸仲介をメインとする不動産屋は「収入が激減してしまうのでは?」と震え心配するほど公に知られたくないニュースだと思う。

逆に消費者の立場からすると、知っておくだけで仲介手数料をぼったくられない必須の知識とも言えます。

仲介手数料を半額にするための伝え方

伝え方は至って簡単。

先述した仲介手数料の原則を伝えるだけです。

宅建業法の規定では、承諾を得ない限り家賃の0.5ヶ月分が上限だと思います。
仲介手数料を見直してもらうことは可能ですか?

アパマンショップに勤めている知人営業マンとも仲介手数料について話したことがある。

賃貸の仲介手数料が基本0.5ヶ月分ですよね?
って言われた時どうしてる?

知人の営業マン
知人の営業マン

案内前に言われたらお断りしているかな。
ただ、申込み物件が決まってから言われると正直きつい…。
その時は0.5ヶ月分にしているね。

案内前に言われると、他の1ヶ月分支払ってくれるお客さんの対応にまわりたいので断る。

物件が決まってから言われると、また一から案内をしないといけないため時間と労力を考えると0.5ヶ月分に泣く泣く応じるケースもあるのだとか。

過去記事でも紹介をしておりますが、いきなり不動産屋を訪ねるべきではありません。

最初にするべきは、気になる物件の初期費用計算書(見積もり)をLINEやメールで請求しましょう。

仲介手数料が0円の業者に問い合わせをする

仲介手数料0円で契約してくれる会社もある。

0円って…。なんか怪しい。
タダほど怖いものはないだろ。

鋭い危機察知能力をお持ちの方もいらっしゃるだろうが、これは仕組み上あり得るのです。

ボランティアではなく、当然詐欺でもありません。

引用:ハウスーモ

あなた(借主)から仲介手数料がもらえなくても、大家さんから仲介手数料が入ってくるため0円で契約ができる仕組み。

近畿圏内の方には朗報!

【ハウスーモ】は近畿圏内の不動産の賃貸契約における初期費用を最大限お安くできるサービス。
以下バナーリンク経由で、仲介手数料が最大0円になりますよ。

ハウスーモなら賃貸契約の初期費用を国内最安値まで減額

共益費・管理費・駐車場代にも仲介手数料がかかるのか

結論。

共益費・管理費は仲介手数料算出の対象外。

駐車場代は仲介手数料算出の対象となる。

先述したとおり、仲介手数料は「家賃」の1ヶ月分。

共益費・管理費は家賃ではないため算出対象外となります。

それなら、駐車場代だって「家賃」ではないんじゃないの?

このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるはず。

たしかに、家賃ではないのですがお部屋の契約とは別個の契約となり手数料が発生します。

手数料は、一般的に駐車場利用料の1ヶ月分(+消費税)が相場。

ただし、駐車場は宅地建物取引業法の規定から除外されています。

仲介手数料のルールがないんです。

これは、駐車場が敷地内・敷地外を問いません。

私の住む地方では車は生活必需品。

駐車場はあって当たり前という認識です。

しかし、駐車場は要るか要らないかを自由に選択することができます。

ですからお部屋の契約と駐車場の契約は別々と捉えられています。

まとめ

  • 仲介手数料の原則は家賃の半額(0.5ヶ月分)である。
  • 共益費・管理費は仲介手数料の計算に含めてはいけない。
  • 駐車場代は仲介手数料の計算に含まれていても違法ではない。

【賃貸お役立ち記事】

① 住み替え物件が大東建託物件ならコチラの記事
② 引越しのチェックリストはコチラの記事
③ 一人暮らしの方はコチラの記事
④ 退去時のぼったくりを避けるにはコチラの記事

だれもが関わる「衣食住」の一つ「住まい」に関する大切な知識です。

記事が参考になったという方はぜひ家族やご友人に紹介してもらえるとありがたいです。

これからも皆様のお役に立てる情報を発信していきます。

にほんブログ村ランキング・人気ブログランキング参加しています!
「いいね」と思ったら↓↓↓クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


ハウスーモなら賃貸契約の初期費用を国内最安値まで減額

コメント

タイトルとURLをコピーしました